« ニワトリ!? | トップページ | 映画の撮影(黒谷友香) »

2006年5月22日 (月)

怪獣Distagon なのですが

 先日ヤフオクでゲットしたヤシコンマウントのカール・ツァイスのDistagon 28mm なのですが、後玉がくもっていて撮る写真が全て「ソフト」なのです (T.T)  何とかならないかと思い修理工房(関東カメラサービス)へメールで問い合わせたら「後玉は焦点距離に影響し、磨くとピントが取れなくなる」と言われました。 悩んだ挙げ句売り主に申し出たところ、返品を受け付けてくれました、ホッ(^_^)  イヤー、助かりました。
 銀塩で撮ってみるとよく見ないとピンぼけと間違えるようなくもり方ですが、デジカメだとはっきりとわかります。 或る意味デジタルの方がシビアなんですね。

キッスクラスのデジカメ(APS-Cサイズの受光素子)では、35mmフィルム用のレンズは大体1.6倍した焦点距離になるのです。 たとえば、80mm>128mm、50mm>80mm、28mm>45mm、といった感じです。 ですから手持ちの45mmや50mmではスナップにはよいのだが、標準レンズと言うにはちょっと広角側が厳しいので、どうしても28mmか25mmが欲しい。

さてもう一度探してこなくては・・・
(懲りない奴だねー)

|

« ニワトリ!? | トップページ | 映画の撮影(黒谷友香) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/10183484

この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣Distagon なのですが:

« ニワトリ!? | トップページ | 映画の撮影(黒谷友香) »