« 人も吸音材の役目をするんだね・・・ | トップページ | 芸術家って馬鹿か天才か・・・ »

2006年4月28日 (金)

キッスDNファーストインプレッション

数年使って使用感も強くなってきたオリンパスの2100ultrazoomに見切りを付け新たにキャノンのEOSkissデジタルNを購入しました。200万画素から一気に800万画素へステップアップです。
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissdn/

簡単なインプレッションを。

レリーズタイムラグ(シャッター半押し状態から押し込んで実際にシャッターが切れるまでの時間差)もカタログ値では0.1秒とまずまずです。しかし実際はカタログ数値以上に素早くシャッターが切れる感じがします。カタログ上で数値を競う機種より実質はやいと思います。

レンズはキット付属の18-55mmは使いづらいな・・・ フィルムのキッスで使っていた28-80mm(デジカメでは45-128mm)のが望遠ぎみですが、思っていたより使いやすいです。そりゃそうでしょうね、今まで2100ultrazoomの38-380mm望遠でしたから。

コンパクトフラッシュも120倍速のものにしたら書込の早いこと!これなら1枚3メガくらいの大容量で撮っても問題ないですね!1Gと2Gを揃えましたが、1Gだけで良さそうだな・・・
催行画質でも300枚以上記録できるから。後で2Gはヤフオク行きだ(笑)

画質はお手軽コンパクト機と違い素材としての記録装置らしく色域のダイナミックバランスは相当広いです。その代わりパッと見は味気ない写り(色味)だね。でもフォトショップでいじると色を失わずに何でもできてしまうから、その素材としての情報量の多さは、さすがに数万円の安物とは違います。ただしレタッチしないと本当に面白くない色だよ。

レタッチ前提の素材と言う意味では、当然モニターのキャリブレーションは絶対に必要ですね。買ってきたままの吊しの状態では(特に液晶では)色の再現性が正しくないことを知っている人は少ないでしょうが・・・ メーカーはそれを言ってしまうと製品価格が抑えられないので言わないよね(^_^)

こんなところです。
m(__)m

|

« 人も吸音材の役目をするんだね・・・ | トップページ | 芸術家って馬鹿か天才か・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/9806625

この記事へのトラックバック一覧です: キッスDNファーストインプレッション:

« 人も吸音材の役目をするんだね・・・ | トップページ | 芸術家って馬鹿か天才か・・・ »