« 075の音 | トップページ | JBLツイーターの不良(075,2402,077,2405) »

2006年2月19日 (日)

シャキット効果やいかに!?

リンク: ♪サウンドサイエンス株式会社♪.

Ska3800  先日ヤフオクでサウンドシャキットの業務用機を買いました。SKA-3800と言う機種です。カラオケ業界向けの物かと思われます。オーラトーンをウーハーに使い2402をツイーターとし、CX3400+DADM100pro4台で簡易2wayを組んで試聴してみました。クロスは2KHz・24db/octです。プレイヤーは128Kbps(AAC)で取り込んであるiPod20G(4ジェネ)です。簡単と言ってもこれだけで20万円くらいの機材になってしまいますが(笑) 

 結果は・・・・・まずまず上出来でしょう!残留ノイズは本格的なシステムに組み上げないと判断できませんが、デバイダーのCX3400の方がノイズは大きそうです(^_^; 上記リンク先のHPにあるウンチクによると、波形の尖っている部分のみを強調するようである。能書き通りボーカルにはほとんど影響していないのには感心させられた。しかしその音は高域は活き活きと輝き、その音には尖りも感じさせられて生々しい。低音は10cmだから何とも言いようがないが、オーラトーンを弾むような重低音を奏でるウーハーと化けさせた。密閉型という形式が有効に働き、思いも寄らぬ良質な、ブーブーブカブカしない、締まった音程の分かる100Hz以下を物の見事に表現してくれた。

 しかし60W耐入力のユニットも、10cmとしては異例の強制駆動に耐えきれず、(多分)ボイスコイル剥離という惨劇に見舞われてしまった。ストロークを目測2cmもさせたら、さすがに25年前のユニットでは耐えられなかったようだ。長きにわたり我がオーディオの朋(とも)であった銘器がその寿命をまっとうした。って、パワーを入れすぎた自分が悪いんじゃねーか!ゴメンナサイ・・・m(__)m うーんもったいなかった。

 結論は、とりあえずシステムに導入する価値は有るように見受けられる。ユニットのレベル調整だけでは達成できない音の鮮烈さを作りだし、イコライザーでは演出できない良質な(ボーカル帯域に影響しない)重低音を提供してくれる有益な機器と判断した。とりあえず電源が24V外部アダプターなので、筐体の中にコンデンサーを入れて電源を強化しておこうかと思う。

|

« 075の音 | トップページ | JBLツイーターの不良(075,2402,077,2405) »

コメント

サウンドサイエンスのHPからは高域の増幅量は分からないが、
超低域はおおむね30倍(約30db、エネルギー換算1000倍)のブーストができるらしい。
これってメジャグランの音創夢(OZOMU/おぞむ)と同じですね。
増幅カーブ等詳細は分かりませんが、似たような物なのかなー?
でもこのSpeaten Filter って、波形の尖りも強調するアルゴリズムなので
”音創夢+プチ音乃翔”っていうところでしょうか????
本当に???です(笑)

投稿: toy@管理人 | 2006年2月23日 (木) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/8743781

この記事へのトラックバック一覧です: シャキット効果やいかに!?:

« 075の音 | トップページ | JBLツイーターの不良(075,2402,077,2405) »