« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

やっぱり・・・!?

 シャキットをつないでいるシステムのウーハーを裸のD130にしてみた。やっぱりデカイのは良いです!余裕ですよね(笑) シャキット効果もよりいっそうすばらしい効果が出ます。38cmだとクロスも120Hz以上ではキレイな音は出ませんね。たとえD130でもそれは変わりません。と言うことはマルチではユニットの差はあまりでないのかな・・・? みんな売っぱらって安いPA用ウーハーにでもしちゃうか!?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

うーむ・・・・・

 オーディオ関係のネットサーフィン(今では死語か?)をしているうちに見つけたあるHPで紹介されていた食堂へ行ってみた。九十九里の木戸川河口の橋のたもとにある川魚中心の食堂である。名物は特上ウナギだが、なんとウナギが4切れ?も入っている、しかもその入り方が尋常ではなく下から、飯>ウナギ>飯>ウナギ、と言う構成なのだ。これに肝吸いが付いて1600円は激安という他はない。しかし問題は味である。わざわざ1時間をかけて行くほどの物ではない。たとえ1600円でも。自分の町の一番近いウナギを食えば事足りると思わせる程度の味であった。たまたまそこの前を通ったときに腹が減っていたのでウナギでも食うかと言って入る程度の店である。断っておくが、まずいから行くなと言う訳ではない。”わざわざ”行くほどではないと言っているだけです。(味に対する嗜好は人それぞれなので、否定は良くないと思うのです。<<<オイオイいい加減な奴だな(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

国税庁ホームページ

リンク: 国税庁ホームページ.

 確定申告の時期なんですね。会計事務所任せなので、すっかり忘れていました。しかも会社の決算は7月〆だし・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JBLツイーターの不良(075,2402,077,2405)

_toybox_2402_jank   ダイアフラムのセンターが乗っかる部分(写真の矢印部分)が、正常なユニットに比べると薄手の名詞1枚分くらい低いのです。ですのでセンターのイコライザーをビス止めしますとイコライザーのスカート部(すそ野)がダイアフラムと接触してしまいます。手持ちの他のダイアフラムと交換もしてみましたがダメでした。イコライザーが不良なのかと思い、他のユニットのイコライザーとのスワップもしてみましたが、結局は筐体の不良と結論づけました。このタイプのJBLツイーターで何故か音圧が上がらない、高域ばかり出てクロス付近(2-4KHz)が弱いと思われる方は、この様な筐体自体の不良を確認されると良いかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

シャキット効果やいかに!?

リンク: ♪サウンドサイエンス株式会社♪.

Ska3800  先日ヤフオクでサウンドシャキットの業務用機を買いました。SKA-3800と言う機種です。カラオケ業界向けの物かと思われます。オーラトーンをウーハーに使い2402をツイーターとし、CX3400+DADM100pro4台で簡易2wayを組んで試聴してみました。クロスは2KHz・24db/octです。プレイヤーは128Kbps(AAC)で取り込んであるiPod20G(4ジェネ)です。簡単と言ってもこれだけで20万円くらいの機材になってしまいますが(笑) 

 結果は・・・・・まずまず上出来でしょう!残留ノイズは本格的なシステムに組み上げないと判断できませんが、デバイダーのCX3400の方がノイズは大きそうです(^_^; 上記リンク先のHPにあるウンチクによると、波形の尖っている部分のみを強調するようである。能書き通りボーカルにはほとんど影響していないのには感心させられた。しかしその音は高域は活き活きと輝き、その音には尖りも感じさせられて生々しい。低音は10cmだから何とも言いようがないが、オーラトーンを弾むような重低音を奏でるウーハーと化けさせた。密閉型という形式が有効に働き、思いも寄らぬ良質な、ブーブーブカブカしない、締まった音程の分かる100Hz以下を物の見事に表現してくれた。

 しかし60W耐入力のユニットも、10cmとしては異例の強制駆動に耐えきれず、(多分)ボイスコイル剥離という惨劇に見舞われてしまった。ストロークを目測2cmもさせたら、さすがに25年前のユニットでは耐えられなかったようだ。長きにわたり我がオーディオの朋(とも)であった銘器がその寿命をまっとうした。って、パワーを入れすぎた自分が悪いんじゃねーか!ゴメンナサイ・・・m(__)m うーんもったいなかった。

 結論は、とりあえずシステムに導入する価値は有るように見受けられる。ユニットのレベル調整だけでは達成できない音の鮮烈さを作りだし、イコライザーでは演出できない良質な(ボーカル帯域に影響しない)重低音を提供してくれる有益な機器と判断した。とりあえず電源が24V外部アダプターなので、筐体の中にコンデンサーを入れて電源を強化しておこうかと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

075の音

リンク: オーディオ.

 以下のレポートは24db/octでの試聴です。12db/octとは若干の差異があることを事前に記しておきます。

 現在手元に 075 2402(2組) 2402H 2405 と有りますが、やはり2KHzくらいでクロスを取った場合は075の中域の厚さがもの凄い実在感を持ちます。これは特にジャズを聞く上では”戦慄”と呼べるほどの凄みのある音だと思います。そしてあのシンバルのハイハットの音!「カツンカツン」と言う音は075(2402)でなければ出せない音かと思います。特に2KHzクロスでのクロス付近の実在感は2402よりも確実に上だと思います。しかしこれが僅かでもクロス周波数を上げると(例えば3KHzとか)、075と2402の差はグッと近づく。これが4KHz以上になれば、もう075でも2402でもどちらでも同じであるようにしか私には聞き取れない。そう、4KHzと言えば、その下は1インチか2インチのドライバーに任せられる領域なのです。マルチをやるのに3way以上で4KHz以上にツイーターを持ってくるなら、わざわざ高額な075ではなく、値段のこなれた2402(或いはフェライトの2402H)で良いと思う。ただし2wayでD130やD131 と組ませるなら少々金額ははるが075を勧めたい。

 以上は私感ですので参考までに・・・・・(笑) 特にアルニコは30年たったら2割くらい磁力が落ちていると思っても過言ではないです。それでもそこそこ使えることは使えると言うことに関しては否定しません。でも再着磁した音のフレッシュさはやってみた人で無いと分かりませんけどね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

官能って人工的なもの?

 クラシックのフルオケ、小ホールでの室内楽、ライブハウスで直近で見聞きするバンド、いずれも私たちにすばらしい感動と興奮を与えてくれます。しかし、そこに「色気」「官能」を感じることは有りません。でも自分のオーディオシステムで聞くとそれらが出現します。

 以前の私はそれらを表現できる装置を「色」「艶」を楽しませてくれると褒め称えていました。でもマルチシステムに興味を持ち始めてから感じるようになったことが有ります。それは生の音には、「色・艶」なんて無いのではないかと。生演奏においては感動が私達に官能を喚起させてくれるかも知れませんが、音そのものが官能的な音色をしているわけでは無いと思います。

 私たちが実生活で耳にする音、「生演奏」「生活音」あと「騒音」も含めて、「柔らかく」「ふくよかで」「色気が有る」「艶の有る」(あとの表現はご自由に考えてください(^_^)) こんな音は存在しない事に気がつきました。そう「柔らかなバイオリンの音」、これは楽器とホールのコラボレーションであり、楽器の音では無いのです。

 もちろん「色」「艶」を楽しませてくれる音も再生できなくてはいけません。しかしそのような音しか再生できないのでは困ります。当然尖った音も再生できなければ始まらないと思います。でもたいがいの装置は激しくきつい音を発することはできません。(と言うよりは持ち主がきつい音を出したくないのかな?) 最近の”オンマイク”で録った楽器のきつい音色を、そのままにきつく再現できなくてはHi-Fiではありません。もちろん無調整で両方の音色を再現することは不可能かと思います。

 その時に初めてエフェクターが生きてくるのでしょうね。最近のデジタル技術を駆使すれば、基本的なセッティングを済ませればあとはきつくも甘くもできる、そんなエフェクターって欲しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

ラフト クラフト

リンク: ラフト クラフト.

 あれれ!?ラフトクラフトのトップページにこんなのが書かれています。
「2006年4月25日をもって休業することになりました(休業期間は未定)」
どうなっているのでしょうかね?リーズナブルな価格で結構良い仕事をしていた会社ですが。何でだろう、気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

ぽっどきゃすてぃんぐ落語

リンク: ぽっどきゃすてぃんぐ落語.

 ちょっと一息・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

だからそれってなんぼのもんじゃい!

 オーディオが趣味って言うとよくいるでしょう、「オラはジャズしか聞かねえだ」ってやつが。あるいは「オレはクラシック以外は音楽だど思ってねーだ」って奴もいますね。「だから何だって言うんだよ!」って言いたくなりませんか?民謡だって演歌だってみーんな音楽なのに、それに優劣を付けるや奴って嫌いです。私はジャズが大好きです。95%はジャズです。でも中森明菜も持っています。斉藤由紀も持っています。今でも聞きます。十五の夜なんて心に染みます。ジャニスジョプリンも、ヴァンヘイレンも、ゲイリーカーのベースも、グールドのクールなピアノも、もちろんエルビスも、ビートルズもみーんな好きです。おへそを出しているキレイなオネーチャン歌手もやっぱり好きです(^_^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »