« やっべー! | トップページ | DIATONE DS-3000 »

2006年1月25日 (水)

最近思うに・・・

 オーディオファイルの間ではアルニコマグネットを使ったユニットが高性能とされている様だが、本当にそうなのでしょうか? 私自身アルニコユニットもフェライトユニットもどちらも使っています。しかし、細分化されたマルチシステムにおいては、アルニコにこだわる事はあまり意味を為さないと思います。特にアルニコは、全くの未使用でも経年による減磁は確実にあります。まして使われている物はPA用途だろうが家庭内用途だろうが、その減磁は無視し得ない範囲にあるでしょう。私の手持ちのDUKANEの5A360(JBL375の兄弟)は、それぞれ29%、24%の減磁でした。それよりも若干近年に製造されたであろうウーハーの2220Aもそれぞれ15%、20%の減磁でした。全てのヴィンテージユニットをお使いの人に対して否定的なことを言うつもりはありませんが、それでもまともなユニットの状態でないシステムでは他人様に助言は言えませんよね。確かにその時点でのそのシステムの音はきちんとまとめられていてすばらしいシステムかも知れませんが、その人が使っているヴィンテージユニットを他人に紹介しても、紹介された人が探し出して使っても、紹介してくれた達人と同じ様に使いこなせるかどうか、はなはだ疑問です。一つ一つ磁力の違うユニットではバラバラになるのが落ちです。キレイにまとめる為には達人の技と感性が必要でしょう。趣味の領域として、ある種の「こだわり」が存在することは認めますが、その性能に比してあまりにも高価すぎる、いわゆるヴィンテージ物、アルニコマグネット、海外ブランドにこだわるのはちょっと疑問に感じます。これがあまり細分化されていない2~3wayならユニットの個性も強く出るのでしょうが、有る程度以上になるとユニットの個性と言うよりも、コーン型かドーム型かホーン型かと言った事の方が、音(音色、ねいろ)を決めていく上で大事かと思います。よって、なるべく高能率のプロ用PA中古ユニット(もちろんフェライト!)から選ぶのが、最も金銭的にも効率的かと思います。JBLやALTECのアルニコヴィンテージユニット1個分で、普通のPAユニットが両チャンネル分買える場合もありますからねー!

 と、ここまでこんな事を他人様に向けて書いていても、自分ではこだわっちゃうんだよなー ・・・・・・・・・・・ バカだなー ・・・・・・・・ 金の無駄遣いだよなー ・・・・・・・・

|

« やっべー! | トップページ | DIATONE DS-3000 »

コメント

ウーハ―はアルニコが一番だと思います。
中域以上のドライバーは、ケースバイケースで決まりますが、どちらを選ぶかといわれれば、やはりアルニコですね。アルニコにこだわるバカだと言われれば何にもいえないですが、それでもアルニコです。(このような連中をバカと言う笑)

投稿: akagi | 2006年1月25日 (水) 17時45分

ハハハハハ、オーディオの世界を維持しているのは、我々庶民派バカと、成金バカなんでしょうね(笑)

投稿: toy@管理人 | 2006年1月25日 (水) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/8321686

この記事へのトラックバック一覧です: 最近思うに・・・:

« やっべー! | トップページ | DIATONE DS-3000 »