« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

(追記) JBL E145-8

リンク:  JBL E145-8.

 アルテックの515とは能率が違うが(515>105db、E145>98db)、その音質においてJBL中で唯一アルテック515に対抗できるユニットだと思う、多分、聞いてないから推測で・・・(笑)

 確かな記憶でなくて申し訳ないが(間違っていたら指摘してください)、150-4C(アルニコ/民生用)=K145(アルニコ/プロ用)という図式だったと思う。それからすると150-4H(フェライト/民生用)=E145(フェライト/プロ用)という図式になる。150-4Hを簡単に紹介すると、D55000エベレストのウーハーと言えばわかるでしょう。そのE145にK145のコーン紙を装着したのが今回のE145改である。過去にK130も使ったし、現在ミッドバス用にE120をすでに持っているので想像できるが、Eシリーズ(フェライト)のコーン紙はKシリーズ(アルニコ)に比べると若干厚い(と言うことは僅かに重い)のだ。Kシリーズに比べると爪で弾いた音も僅かにボソっとする。それを若干ながら軽量でパンとしたKシリーズのコーン紙に張り替えたのだから悪いはずが無かろう。ただコーン紙の重さに関しては、130より145のが紙が厚い分重くなります。しかし今回購入したE145-8に装着されているK145のコーン紙は、150-4Cよりも軽いそうです。又、ノスタルジックな思い入れを考慮しなければ、実際には150-4Cよりも150-4H(E145-8)のが強力なのだそうです。(何が強力なんだ??(笑))

 そしてそのマグネット重量は、通常の他のJBL38cmシリーズの8.5Kg46cmのE155の9.1KgE145はそれらを超える10.3Kgである。しつこい様だが、ユニットの総重量ではなく、マグネットのみの重量の比較です。ダンピングもアルテックの515にかなわなくとも、それに準ずるダンピングを持つであろう事は想像に難くない。

 良いことばかり書いてはいるが、もちろん自分の使っているエンクロージャーとの相性や、その使いこなしにより出来上がった音質が、現用の2220Aと比して自分の嗜好に合わなければ当然さようならとなるのは、仕方がないことでもある。(笑)

 最後にJBL ProによるE145の紹介文を記しておく。
The El 45 has the most natural, uncolored sound that JBL has ever created in a bass instrumeht loudspeaker. (El45はJBLが今までに創造したバスinstrumehtスピーカ中最も自然で、色付けしない音がします。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

JBL E145-8

_e1458_2  表題の通り、” JBL E145-8 (150-4Hのプロ用) 8Ω 極上ペア! K145コーン仕様 (ほとんど150-4仕様) ” と言う物を落札してしまった。 要はE145をK145のリコーンキットでリコーンした物と言うことです。(オークションの出品者様、画像を2枚使わせていただいています m(__)m )

 いやいや、ある程度は競るつもりではいたが私としては、はっきり言って予算は*万*千円が限度だった。まー、この年末のみんなが出かける時期だから、うまくいけば手に入れられるかなと思ったのも事実だが、事前の私の予想落札額は、確実に10万円を超えていたのが、なんと*万*百円で終了してしまった! 焦ったのは落札した当の本人です(笑) 通帳にはそんな金額入れてないものだから、明日にでもコンビニへ行って入金しないと(^_^; しばらく2220Aと使い比べてみます。しかしこれを使うと「オール100dbオーバーユニット」が崩れてしまうなー(笑)

E145_eddge_2  E145は、元来はギャザードエッジ(布(クロス)エッジ)ですが今回入手する物は、K145 のリコーンキットによりフィクスドエッジ(紙エッジ、コーン紙がそのまま延長されてエッジになっている)になっています。これは非常にうれしい事実です!エッジをいじらずにすみます。なお且つ、フェライトモデルですので減磁の心配も有りません。このユニットは、これ以上お金がかからないと言うことです\(^O^)/ でもフィクスドエッジも何十年か先には割れると思います。使わないでしまい込んだりせずに使い続ければ、フィクスドエッジも割れないとは思うのですが・・・

 さて現在使っている2220Aも、本体価格の他にサウンドデンのセーム革エッジと再着磁で6万2千円もかかっているので実際は1本5万円相当だ。音はというと、(145系/150-4系)は聞いたことがない。想像するには(130/2220系)はアサルトライフルの様に適度な重さ(どちらかといえば軽さ?)を伴い弾むような音だが、(145系/150-4系)は単発の大口径ボルトアクションライフルのようにズシンとくるのかな?と、想像している。

 どちらにしても裕福な暮らしができる身分ではないので、いずれはどちらかは処分しなければならないだろう。ジャズに限って言えば2220Aかな・・・でもオールマイティーにこなすのはE-145かな・・・ どっちだろう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

スピーカーシステムの低音再生能力について

リンク: ハーマンインターナショナル|テクノロジー解説|スピーカーシステムの低音再生能力について.

 なるほど・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YAMAHA NS-451

 初めて買ったステレオという物は高一の時(1976年)です。小学校から貯めた貯金15万円に親が足らない分を補ってくれた。SPはNS-451、アンプはCA-X1、チューナーはCT-X1(ここまではヤマハ推奨の組み合わせ)、カセットデッキはソニーの物(型番は忘れた)、アナログプレイヤーはビクターのJL-B44だったか55だったか忘れたが、そういうラインナップだった。Classaa 最終的にアンプは自作を使ったりした。このヤマハのアンプとてノーマルではなかった。終段のTrの抵抗にさらにもう一つ抵抗を増設して疑似Aクラス動作をさせていた。これはプッシュプルアンプでは非常に簡単で、B級アンプの終段抵抗の正負の抵抗の和(要するに1本の抵抗の2倍ね)をその抵抗の外側から被せるだけという非常に簡単な手法である。 これによってスイッチング歪みが一桁違ったみたいです。音はというと、変化はわかりませんでした(^_^; 多分メーカー側の、カタログ値を少しでも良く見せるためのテクニックだったのかも知れません。

 話が標題から離れてしまったので元に戻しますが、そのとき使っていたスピーカーはまさにヤマハ版LE-8Tとも言うべきウーハーを搭載していたNS-451でした。Ns451 反応の早さで言えばLE-8Tを凌駕していたとさえ言える、それはまさにあの白いコーン紙の為せる業であった。能率は92dbとさほど高くはないが、その音は軽く早い物であり、当時の他の国産有名メーカーが、普及価格帯においても重厚な低音に走っていった時期にヤマハは、この軽く速い弾むようなユニットで攻めてきたのだ。しかし悲しいかなそれに使われていたツイーターは非常に荒削りであり、よく言えば快活でアメリカ的な、悪く言えば粗っぽく雑な音を出すツイーターであった。これではクラシックファンは振り向いてはくれない(笑) ジャズやロックを中心に聴いていた私なんかにはうってつけのスピーカーではあったが・・・ このツイーターをもっと繊細な物に替えていれば名器となったかも知れない。そしてその後、かの有名なテンモニが生まれたのでした。テンモニも聞いたことがありますが、ミキサーの上に置くモニターとしては優秀だったのかも知れませんが、アマチュアのいわゆるオーディオ愛好家向けとしては、はたしてどうだったかというと私感としては、申し訳ありませんが及第点はあげられません。私の感想としては、その名の通りデスクトップモニターとして200Hzくらいから12KHzくらいの間で音のバランスと定位を確認する用途としては優れていると思います。そしてやはりこのモデルもNS-451に似て(大分ましにはなっているが)ツイーターの荒さはあります。同じ金額を出すなら、普通のスピーカー?を買った方が良いと思います。テンモニ好きの方、気を悪くしないでくださいね(笑)

 結局NS-451 の何が言いたいのかというと判らなくなってしまったので、これで終わりにします(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

2402Hが増えました

 制作中のSPに使っている2402のフランジのネジが一枚バカになっている。インチネジにミリナットを無理矢理かまして取り付けていたが何かしっくり来ない。(気分的に)フェライトなら少しは安いだろうと言う思惑で、仕方なく?2402Hを購入しフランジを交換しました。ついでにアルミ地のホーン部と交換しようと思ったら、アルニコのホーンはフェライトに流用できるが、フェライトのホーンはアルニコには流用できない事がわかった。ダイアフラムの位置決めのピンがフェライトには無いのだ。一体どうやって位置決めをするのだろう?とりあえずその答えは必要ないのであまり深く考えずにフタをしてしまった。このユニットはE-120のボックスに取り付けておく予定です。いずれシステムを縮小したときにはこれ単体で2wayにできるようにと考えてのことです。多分10年ほどでシステムは縮小すると思いますので・・・(何故・・・(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

3台目のiPod・・・

リンク: iPod shuffle(アイポッドシャッフル).

 子供のクリスマスプレゼントにiPodシャッフルを2台買った。小学生なので当然安い512MBのほうだ。(それでも親ばか?(笑)) これでiPOdファミリーが3台になってしまった。釣りの時用に「パパはnanoが欲しいなー」と言ったらかみさんに「却下」の一言・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

バカの一つ覚え・・・!?

リンク: 極低周波発振装置「RR-77」

 アコースティックリバイヴのRR-77だが現在は1階店舗に1台、3階のリビングに1台、そして入札中が1台・・・(爆)  これはリスニングルーム(うちでは廊下と呼ばれる部屋)に置く予定。ほんとわたしゃ大バカモンですな。しかし各階に1台ずつおいても干渉しないのかな??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

進化した自分??

リンク: アナログ.

成長したのか?? toy@管理人 [URL]  2005/12/01 (木) 09:48

 昔ラヂオから流れていた洋楽のヒット曲の入ったCDを買っていた時期があった。しかし当時(20年ほど前)はそのヒット曲のみしか良いと思わず、他のアルバム中の曲はチンプンカンプンだった。

 例えば”Derek & Dominos”の”LAYLA”だが、レイラやリトルウイング程度しか楽しくなかったのが今では全曲良いな~って思えるようになった。例えば”Fleetwood Mac”の”Rumours”というアルバムも、ヒットしたのはその中の”Dreams”と言う1曲。当時私にはヒットした1曲しか理解できなかった。(良い曲に聞こえなかった。) 今聞けばこれも又全てフリートウッドマックの曲として理解できる。 

 要するに当時はミーハー感覚でしか音楽を捉えていなかったのだと思う。それがiTunesを使い始めていつでも手軽に聞けるようになり、あらためて聞いてみると他の曲が理解できるのだ!昔はおまけ程度にしか感じなかったアルバム中の他の曲、1曲1曲がそのアルバムの中で統一性を以て構成されていると言うことが理解できる。

 自分でも気づかないうちに音楽性(楽曲に対する感受性)もこの25年で少しは向上しているんだな~って思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »