« スピーカーシステムの低音再生能力について | トップページ | (追記) JBL E145-8 »

2005年12月30日 (金)

JBL E145-8

_e1458_2  表題の通り、” JBL E145-8 (150-4Hのプロ用) 8Ω 極上ペア! K145コーン仕様 (ほとんど150-4仕様) ” と言う物を落札してしまった。 要はE145をK145のリコーンキットでリコーンした物と言うことです。(オークションの出品者様、画像を2枚使わせていただいています m(__)m )

 いやいや、ある程度は競るつもりではいたが私としては、はっきり言って予算は*万*千円が限度だった。まー、この年末のみんなが出かける時期だから、うまくいけば手に入れられるかなと思ったのも事実だが、事前の私の予想落札額は、確実に10万円を超えていたのが、なんと*万*百円で終了してしまった! 焦ったのは落札した当の本人です(笑) 通帳にはそんな金額入れてないものだから、明日にでもコンビニへ行って入金しないと(^_^; しばらく2220Aと使い比べてみます。しかしこれを使うと「オール100dbオーバーユニット」が崩れてしまうなー(笑)

E145_eddge_2  E145は、元来はギャザードエッジ(布(クロス)エッジ)ですが今回入手する物は、K145 のリコーンキットによりフィクスドエッジ(紙エッジ、コーン紙がそのまま延長されてエッジになっている)になっています。これは非常にうれしい事実です!エッジをいじらずにすみます。なお且つ、フェライトモデルですので減磁の心配も有りません。このユニットは、これ以上お金がかからないと言うことです\(^O^)/ でもフィクスドエッジも何十年か先には割れると思います。使わないでしまい込んだりせずに使い続ければ、フィクスドエッジも割れないとは思うのですが・・・

 さて現在使っている2220Aも、本体価格の他にサウンドデンのセーム革エッジと再着磁で6万2千円もかかっているので実際は1本5万円相当だ。音はというと、(145系/150-4系)は聞いたことがない。想像するには(130/2220系)はアサルトライフルの様に適度な重さ(どちらかといえば軽さ?)を伴い弾むような音だが、(145系/150-4系)は単発の大口径ボルトアクションライフルのようにズシンとくるのかな?と、想像している。

 どちらにしても裕福な暮らしができる身分ではないので、いずれはどちらかは処分しなければならないだろう。ジャズに限って言えば2220Aかな・・・でもオールマイティーにこなすのはE-145かな・・・ どっちだろう???

|

« スピーカーシステムの低音再生能力について | トップページ | (追記) JBL E145-8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/7898180

この記事へのトラックバック一覧です: JBL E145-8 :

« スピーカーシステムの低音再生能力について | トップページ | (追記) JBL E145-8 »