« トランペットか~ | トップページ | モニターのキャリブレーション »

2005年10月 2日 (日)

極低周波発振装置「RR-77」その後

リンク: 極低周波発振装置「RR-77」.

 現在アコースティックリバイブのシューマン共鳴波発生装置「rr-77」という装置を使っています。実売価格¥27000くらいですが、例によりヤフオクで安く調達(笑)しました。

 これは始めからオーディオ用とは考えておらず自営の店舗用、”お客様の癒し”の為に購入したのです。購入して初めに気づいたことは、室内の”暗騒音”のレベルが非常に下がった様に感じた事です。オーディオに関しては、一聴して変化を感じなかったのですが、後々実感する機会がありまして発売元のアコースティックリバイブの謳い文句通りに店のオーディオ装置にも非常に効いています。何がよいって言うかというと、ブーミー感が非常に低減するのです。

 どういう事があったかというと、先日以下のような事がありました。

 ある日店休日に電源を切ったのを忘れたまま営業日になり、rr-77の電源スイッチを入れ忘れたのです。

 店ではテレビの音声とパソコンからの音声(光接続)をコンポを通しているのですが、その音声がやたらブーミーなのです。ミニコンポのバスブーストがかかっているのかと設定を見直したり、iTunesのイコライザーの設定を見直したりしましたが、しばらくは「なんで???」の状態でした。数日してrr-77のパイロットランプが点灯していないのに気づいたのです。そして電源スイッチをonにすると店のノイズ感がスーっと下がり、あたかも空気が高原のさわやかな空気になったように変化するのです!

 もうこの装置無しでは生活できませんね(笑) 機会を見てもう一台、オーディオ用に購入したと思います。寝室にも欲しいな~(爆)

|

« トランペットか~ | トップページ | モニターのキャリブレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121771/6212888

この記事へのトラックバック一覧です: 極低周波発振装置「RR-77」その後:

« トランペットか~ | トップページ | モニターのキャリブレーション »