« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

ケーブルとコードの違いは?

リンク: 第2種電気工事士試験 過去問解答 コードの許容電流.

 ここのページの中程より下に記してありますね。以下引用です(汗)

 コードは、電化製品などについているやわらかく動かしやすいものです。主に、軟銅線でできていてゴム混合物や塩化ビニルで被覆しています。1本の銅線の太さは0.18mmから0.32mmときわめて細い銅線を使用しています。 ケーブルは、絶縁電線を強化したもので絶縁電線の被覆の上にさらに1層2層と被覆を重ねて絶縁効果を高めたものです。

 な~るほど、そうなんだ!(わかったような、わからないような・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

育ての親ってそんなものなのかな~・・・

 妻の母親(私にとっては義母)が死んだ。義母が結婚した当時、その夫である義父には死別した前妻の女児が二人いた。(前妻とは義母の姉でもあった。)その腹違いの二人の姉の後に男児二人が生まれ、最後に妻が生まれた。そう、妻は五人兄弟の末っ子、三女である。二人の姉も、子供の時から後妻である義母に育てられた。生みの母親も育ての母親も同じだと思うのは、当事者でない者の、その頃のその家庭を知らない者の戯言なのだろうか? 今回葬儀に出席した姉のうち一人は、はっきりと「おばさんの葬儀」に出席している顔をしていた。その仮面は、もちろん妻もわかっている。二人きりの時には怒りを口に出すほど相当怒ってもいた。私にとっては義姉は赤の他人である。いつでも縁を切ることなど造作もないことだ。しかし妻にとっては姉であり、数少ない身内 で も ある。心穏やかでなくとも抑えなければつきあっていけないと思っているのだろう。

 今回あらためて人の心とは複雑なものだと思った。なぜ育ての親を「おかあさん」とよべないのだろうか?50をすぎて孫を持つ年になっているのに・・・ それこそ赤の他人の余計な詮索なのだろうか? 義母の死と共に、少しばかり寂しい出来事であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

懐メロ?ジェフベック!!

jeffbeck

 amazonでマイルスデイビスのCDを物色していると何の脈絡もなくふと思ったのが、懐かしき彼のジェフベック(笑) 中学だか高校だか忘れたが、彼のアルバム「ワイアード」を友人宅で良く聞いた。懐かしく思いついついマイルスのCDと共に注文してしまった。そういえばボーカルレスの洋物ロックはこれが初めてだったような気がする。今でこそ彼のギタースタイルはオーソドックスなものになっているが、それでもなお現在も新鮮さを感じるのは、それこそ天才の証なのかも知れない。これもロック界の歴史的名盤の一枚だろう。とか何とか書いているけど、はっきり言ってロックは”うとい”です・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

仮組みをしてみました

リンク: 新エンクロージャー(仮組).

 とりあえず仮組みをしてみました。どうでしょうかね~(笑) でかいな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

セーム革値上げ~!!

リンク: スピーカーユニットのセーム革張替.

 今回E120をセーム革に張り替えたけど、今度11月から値上がるんだ!今回思い切ってやっておいて良かった~(^_^) E120のエッジ張替と2470,2402,2405合計3ペアー6個のアルニコマグネットの再着磁を終えました。これから400時間という気の遠くなるようなサウンドデン指定のエージング期間がまっています。音の変化が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

黒潮よさこい祭り

リンク: 黒潮よさこい祭り.

小雨の降る中皆さん元気に演舞をされていました。お疲れ様でした。いつも見るたびに「元気」をもらいます。また来年も楽しみですね。地元のケーブルテレビが、一日中生中継をしてくれていましたので仕事をしながら楽しめました。惜しむらくは、北海道からわざわざ来ていただいたゲストの連「乱舞童」さんがテレビ中継される前に飛行機の時間と言うことで帰ってしまったことです。他の中継のないストリート会場では何度か演舞されたようですが、中継のあるステージ会場(市役所駐車場)には間に合わなかったのです、う~ん、残念。 しかし去年に引き続き演舞された皆さんに「元気」をもらいました。来年もがんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

モニターのキャリブレーション

リンク: ColorPlus.

 久しぶりにPC物を買いました。標記の通り、モニターのキャリブレーションツールです。(商品詳細は上記リンクを参照) もちろんヤフオク調達(笑) ただし一回しか使っていない新同品なのでそれなりにはしました(^_^;

 さて、いくら私が画像に関して素人とはいえ、おかしな色バランスのモニターには耐えられません。実はキャリブレーションツールはWin98時代から使っていたのです。ビデオカードに付属していた”Colorific(カラリフィック)”です。結構「そんな物見たことがない」って言う人もいますが、ビデオカードのドライバーCDの中に入っているのを知らない人も多いのですよね・・・もったいない。

 一度キャリブレーションツールを使うと、色調整の全く取れていないモニターは見にくい(醜い)ったらありゃしない事!青っぽかったり黄ばんでいたり、黒に近いグレーが潰れていたりと(色が濃いとキレイに見える>だまされる)、色だけでなくコントラストもおかしくなっているのに持ち主は気がつかないのですよね(笑) そりゃー比べる物がなければ、ツールを持っていなければ、使っていなければそんなことを知る由もありません。

 特にLCDは、買ってきたままでは色の再現性は期待する方がおかしいのです。これはテレビも同様だと思います。

 さて現在使っているLCDモニター(sharp/LL-191A-w)に使った感想ですが、カラリフィックが完全目視調整なのに対してColorPlus は、ほぼ自動調整です。”ほぼ”というのは、ColorPlusではCRTとLCDで手順が若干違うのです。付属のセンサーによるオートマチック調整の前に行う、明るさ(輝度、黒レベル?)とコントラスト調整がCRTは必須ですが、LCDでは「いじらなくてもどっちでもいいですよ」なのです(笑) どちらかというとLCDではいじらないでくれみたいに書いてありますね。そこで”工場出荷状態”と”事前調整した状態”と、両方を比べてみましたが、その後の自動調整結果は目に見えて変化はなかったです。どちらにしてもちゃんとバランスが取れていました。あたりまえか・・・(笑)
>>> 訂正 >>>やっぱり色温度を6500K(暖色)にしたり、輝度やコントラストを事前調整した方が自然な色合いになりましたm(__)m 無調整はやはり若干の青みが残っていました。

 カラリフィックと比べるとマニュアル調整の自由度はほとんど無いのですが、いつでも同じキャリブレーションができるというのは、再現性という観点からは有利かと思います。色調は、カラリフィックでは自分の好みもあり若干深い色合いに調整していましたが、ColorPlusでは意外とあっさりとした色合いになりました。現在のバランスが本当の色合いなのでしょうね。(本当かな・・・) だからって色が薄いわけではないのです。ぱっと見は薄口でも、白っぽい方も飛んだり濃い方も潰れたりせずにちゃんと色が出ているのです。要は”ダイナミックで広帯域な色バランスに調整された”と言うことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

極低周波発振装置「RR-77」その後

リンク: 極低周波発振装置「RR-77」.

 現在アコースティックリバイブのシューマン共鳴波発生装置「rr-77」という装置を使っています。実売価格¥27000くらいですが、例によりヤフオクで安く調達(笑)しました。

 これは始めからオーディオ用とは考えておらず自営の店舗用、”お客様の癒し”の為に購入したのです。購入して初めに気づいたことは、室内の”暗騒音”のレベルが非常に下がった様に感じた事です。オーディオに関しては、一聴して変化を感じなかったのですが、後々実感する機会がありまして発売元のアコースティックリバイブの謳い文句通りに店のオーディオ装置にも非常に効いています。何がよいって言うかというと、ブーミー感が非常に低減するのです。

 どういう事があったかというと、先日以下のような事がありました。

 ある日店休日に電源を切ったのを忘れたまま営業日になり、rr-77の電源スイッチを入れ忘れたのです。

 店ではテレビの音声とパソコンからの音声(光接続)をコンポを通しているのですが、その音声がやたらブーミーなのです。ミニコンポのバスブーストがかかっているのかと設定を見直したり、iTunesのイコライザーの設定を見直したりしましたが、しばらくは「なんで???」の状態でした。数日してrr-77のパイロットランプが点灯していないのに気づいたのです。そして電源スイッチをonにすると店のノイズ感がスーっと下がり、あたかも空気が高原のさわやかな空気になったように変化するのです!

 もうこの装置無しでは生活できませんね(笑) 機会を見てもう一台、オーディオ用に購入したと思います。寝室にも欲しいな~(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »