« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月28日 (水)

トランペットか~

リンク: AKIRA’S RESTHOUSE - ….

 パパパパ~ンと親父がトランペットを吹いている中、新婦がが式場に新郎と共に入ってくる・・・ってな事を夢見てトランペットを買ったが、娘が学校の部活でトロンボーンを始めた。トランペットも私より上手くなってしまった(×_×) これでは当初の計画を実行する前に気持ちが萎えてしまった・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーせその程度ですから・・・

リンク: 銚子さよってがっせ~よ.

 オーディオって言ったってしょせん遊びです。商売じゃないのでその仕上がりに(できるできないは別にして)完全を求めるかどうかはその人個人の勝手である。私のようないい加減な人間は、「有る程度できたら切り上げる」「小遣いが底をついたから終わりにする」というセルフマインドコントロール?はお手の物なので深みにははまりません。あるいは商売じゃないから採算度外視で究極を求めるというのもありかとも思いますが、オーディオと釣りのどっちを取ると言われれば迷うことなく釣りを取ります。ま、しょせん私のオーディオにかける熱意なんてその程度だったと言うことでしょうね(笑) でもその程度と言っても一つのこだわりを持って組んでいるシステムですからオーディオ道初段くらいはもらえるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

レコードかCDか、どっちだっていいことだ

 レコードかCDかでマニア度なんてわからない。私が何故アナログをやらないかというと、単純にレコードプレイヤーの置き場所がないだけの話。場所さえあれば上記リンク先のご主人のようにアナログにのめり込んでも良いのだが、しかし幸いにスペースがないという言い訳の元にCD一本槍でシステムが構築できる、これ幸いに・・・(笑)

 以前アンプにLuxmanのL-570X'sを使っていた時には、ビクターのダイレクトドライブターンテーブルにSAECのWE-308Lというロングアーム、オルトフォンのMC-20SuperにPCOCCの当時は高価だった出力コードと言う組み合わせで聞いていた。(ラックスマンの前はマランツのPM-94を使っていた。これも非常に優秀なMCトランスを内蔵していた。)当時CDプレイヤーはNECのCD-903という戦車のような物だったが、アナログシステムはそれ以上のすばらしい音を奏でていた記憶がある。そう、当時はまだアナログのが上だったかも知れない。(現在のアナログとCDの勢力バランスは私は知りませんが・・・) 現在の私の予算では、アナログマニアになれないことぐらい承知はしている。

 ここでさらに言えることは、レコードの方が現在のCDよりも良い状態のマスターから起こされていたと言うことだ。20年から50年という年月の差は、CD化にあたりそのマスターテープの劣化まで白日の下にさらしてしまった事になった。昔のレコードを持っているなら現在CDにリマスターされた物より音源から差がある(レコード製作時のがCD化した時よりマスターの劣化が少なかったはず)と言うことだ。これではCDとレコードを比べること自体無理がある。CDを擁護するべく書き記しているわけではない。全く同じマスターからレコードとCDを作って聴き比べをした記事を見たことがないと言うだけの話だ。

 ちなみに私は機械イジリ好きの音楽愛好家であって決してオーディオマニアではないと思っている。それが証拠に根拠もなく(多少はあるが)全てのユニットをオーバー100dbにこだわったり、ウーハーのコーンのリブは大嫌いと言ったりしている。そして今年中にオーディオとは訣別すべくシステムの最終構築に邁進しているところである。

それが終わったらオーディオはすっぱりとやめる!
やめたい!
やめられるかな・・・
やめられたらいいな・・・
(^_^;(^_^;(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

名盤集め・・・

リンク: Nelson's Navigator for Modern Jazz.

 ここの「101 Modern Jazz CD's 」の「'Best 45'」を参考に今月に入りCDを30枚ほど購入した。人の選んだ盤じゃなく自分の好きな物を聞けばいいだろうと言うかも知れないが、私のジャズの聴き方は家ではジャズの「音」を聞き、音楽としてのジャズはジャズ喫茶「イーストコースト」でマスターが選んだ物を無作為に聞くと言うスタイルだったので手元にはCDだろうがレコードだろうが、それほど所持している必要がなかった。そうマスターが亡くなり店が閉められるまでは名盤と言われる物はいつでも聞くことができたのだ。

 しかし現在はそうも言っていられないので、有る程度の名盤と言われる物くらいは手元に無ければ聞くこともままならないのだ。しかし上記リストに載っている物の中には既に廃盤になったものも有るようで探せない物も1枚有った。気長に探すしかないか・・・ 買ったCDはiTunesに「Nelson's Best」と言うプレイリストを作り整理した。現在それをBGMにしながら色々な作業ををするのだが、やはり名盤と唄われる物は「熱い」ですな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »