2018年5月16日 (水)

FCR-セッティング 10

クリップの段数を一段下げて、中間域を少し早く濃くなるようにしました。
根本的には、MJからやり直しと言うのは分かっているが、面倒くさいから・・・
とか思っていたら、ちょうど良かったみたい?
しばらくはこれで様子見ですね。

****************************

スロージェット:#45
#40>#42>#45

メインジェット:#115
#100>#110>#115>#110>#115

ジェットニードル90GTM : 3段
90GTM : 2段>1段
90ETN : 2段>1段
90FTN : 2段
90GTM : 2段>3段

エアスクリュー:1回転戻し

パイロットスクリュー:2回転戻し

プラグ:DR9EA
気温15度以下ではDR8EA

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

FCR-セッティング 9

純正エアクリーナーケースのインテークダクト、通称「象の鼻」のカットに伴い燃調が狂ったので、少し濃くしたくてジェットニードルを変更しました。
90FTN から、キャブレター購入時の標準ニードル 90GTM に変更です。
メインジェットは換えていません。
これで全開時にパワーが感じられなければ、メインジェットも換えてみます。

F > G テーパー角
中間から上をちょっと濃くした

T > T 切り上がり
手持ちにこれしかないので選択の余地無し(^_^;

N 2.725 > M 2.715
ストレート部分の径を細くして下を濃くした。

セットのジェットニードル 90GTM は、やはりファンネルを前提としたセッティング用の様ですね。
以前は濃くて使えなかった 90GTM も、今回吸気効率が上がったので、使えるようになったのでしょう。

プラグの焼けも真っ白で焼け過ぎていた物が、きつね色にまでなりました。
周囲の黒いすすは、レーシングキャブですから見なかった事にしておきます(^_^;
Dscf5476

****************************

スロージェット:#45
#40>#42>#45

メインジェット:#115
#100>#110>#115>#110>#115

ジェットニードル90GTM : 2段
90GTM : 2段>1段
90ETN : 2段>1段
90FTN : 2段
90GTM : 2段

エアスクリュー:1回転戻し

パイロットスクリュー:2回転戻し

プラグ:DR9EA
気温15度以下ではDR8EA

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (2)

2018年5月 1日 (火)

象の鼻カット

吸入口の拡大は、純正エアクリーナー加工では良く使われる手法ですね。

これは手軽にできますが、絶対にキャブのセッティングが狂います。
知人がノーマルキャブでやった時には、始動さえできなくなったそうです。
マフラーを抜けの良い物に換えていたら、下手をしたらエンジンが焼き付く可能性もありますから、必ずジェットの調整をしてください。
パイロットスクリューだけで始動ができるようになる場合もありますが、上の回転域でガスが薄くなって危険です。
キャブレターからの吸入ガスでエンジンも冷やされているので、燃調が薄くなった状態で高速道路を走ったり、下道でも夏場に長時間走るのは危険です。

****************************

まずは2本の大きめなドライバーを左右の手に持って格闘します(笑)
とにかく隙間にドライバーをねじ込んで、右手と左手で徐々にこじっていきます。
1

****************************

結構苦戦して、あと少しで取れそう。
どうせカットしてしまうので、はめ込むところから下が破けてもかまいません。
ドライバーの柄が曲がらないように気をつけながら、グリグリとほじくり出していきます。
2

****************************

取れました。(^_^)
これが象の鼻と呼ばれるインテークダクトです。
もちろん立派な役目がありまして、吸気音を押さえるとか、水を吸わないようにするとか、万が一吸った水を底の方へ誘導して、エアクリフィルターをびちょびちょにしないようにするとか(キャブに水が行かないように)、まーいろいろと働いています。
3

****************************

象の鼻をカットして・・・
あれ?、真ん中の隔壁部分も斜めにカットしておけば良かったですね。
深夜に作業していると、変なところで見落としがあるんですよね。
中まで隔壁を取り除かなかったのは、急激な吸入で象の鼻が変形や振動してしまわないようにです。(効果があるかどうかは不明です(^_^;)
5

****************************

下側もはめ込むところを残して、ばっさりとカット。
マニホールド研磨みたいにエッジを滑らかにすれば見栄えはよいですが、そこまで性能を求めるようなオートバイではないので、切りっぱなしです。
4

****************************

取り外す時と違い、カットした後の取り付けは簡単です。
写真の手前側をもうちょっと残して置いた方が良かったかも。
洗車時とかに、水が入りづらいと思います。
6

あとはキャブのセッティングのやり直しです。
完全暖機後もアイドリングが不安定でエンストしやすかったですが、パイロットスクリューの調整で安定しました。
1回転戻しから2回転戻しで安定です。
アクセル開度1/8-1/4までは、安定しています。
全体的に薄めになっているので、ニードルをGTNからGTMに(やや細く、濃くなる)換えた方が良さそうです。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

履き替え

スタッドレスタイヤ、いいかげん履き替えないと、無駄に減ってしまう (^_^;
今時のスタッドレスは、山が十分に残っていれば、10年たってもそれなりに使えるからね。
ランカスターの時のスタッドレス(トーヨー・ガリット3)だって、10年過ぎても雪もアイスバーンもそれなりに使えました。
初期のブリザックの新品時よりも、アイスバーンでもよっぽど利いたよ(笑)

で、さっそくカヤバの油圧ジャッキで作業です。
パンタで馬も使わず危険だって言う指摘は無しですm(._.)m
リアは軽々ですが、FF車だとフロントは油圧ジャッキでもそれなりに重いですね。

Photo


| | コメント (7)

2018年3月15日 (木)

フェンダーにメッキモール

春めいてきたので、エストレヤにおめかしを。
フェンダーのエッジに、メッキモールを貼ってみました。
カーブの所は無理矢理ごまかしていますので、近くで見ると・・・(>_<)
ヒートガンが欲しいところですね。

メッキモールの幅は7mmですが、10mmでも良かったかも・・・

Dniugbfv_lkfgb

61fdz64165df





#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#単気筒
#ウインカーブザー
#タコメーター
#FCR
#クラシックフェンダー
#メッキモール

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

FCR-セッティング 8

タペット調整(バルブクリアランスの調整)をしたついでに、パイロットスクリューを、アイドリング回転数が高くなるところまで戻しました。(濃くしました)
冬前は1-1/8戻しでしたが、この時期は1-1/2戻しのが、アイドリングが高くなりました。

スロージェット:#45
#40>#42>#45

メインジェット:#115
#100>#110>#115>#110>#115

ジェットニードル:90FTN : 2段
90GTM : 2段>1段
90ETN : 2段>1段
90FTN : 2段

エアスクリュー:1回転戻し

パイロットスクリュー:1-1/2回転戻し
1-1/8戻し

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

バルブクリアランスの調整

2,016年の12月以来、1年2ヶ月ぶりのバルブクリアランスの調整です。
1年で1,700kmとわずかな走行ですが、変わっているのかな?

in 吸気側 (後側)
0.15mm (0.1-0.15) に調整したのが、0.13mm になっていました。
こちらはそのままの 0.13mm としました。

out 排気側 (前側)
0.20mm (0.17-0.22) に調整したのが、0.15mm になっていました。
こちらは 0.22mm と、最大値に調整しました。

(気温6度に於いて検証)
これにより、アイドリングを1,500回転以下にするとエンストしやすかったのが、完全暖気前で、不安定ながら1,100回転前後を維持できています。
FCR33キャブ本体のセッティングで、スロットルの隙間を最大にセットしてあるので、これ以上アイドリングを下げる事ができません。
完全暖気後は、1,150-1,250回転の間で落ち着きます。

もうちょっと、規定外ですが0.25mmとかにしたら、パワーの落ち込みとかを考えなければ、もっと低い回転で鼓動を打たせる事が可能かも知れませんね。

_dsf4896

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#バルブクリアランス

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

リアスプロケット

リアがディスクブレーキのエストレヤには、歯数の違うスプロケットは無いみたい?

調べたら、Xam(ザム)がスプロケ特注してくれるらしいから、ディスクブレーキ車のリアスプロケ、36Tで作ってもらおうかな?

Dpfyudqueaaz6ow

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#スプロケット
#FCR
#スプロケ
#単気筒

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

店舗用オーディオの調整

ここの所ユニットの位相に疑問を感じていたので、追い詰めてみました。
20180108_141035


左右の間隔が6m以上有るので、ある程度いい加減でも普通に使えちゃうから始末に悪い(笑)
調査結果、30cmウーハーと1インチホーンツィーターが逆相、ツィーター自体も左右で逆相だったいう、体たらくσ(^◇^;)
はい、どうせあたしゃオーマニじゃ有りませんから。
あ、スーパーウーハーもウーハーを基準にしたら、逆相だったのは内緒w
あれ、めちゃくちゃだったって事?σ(^◇^;)
20180108_144033


結線しなおしてスムースな音になり、一段落。
ついでに46cm3Dスーパーウーハーのエフェクター結線方法をちょい変えてブーミーさを押さえ、クロスオーバーも60Hzに変更です。
これだとけっこう低音が30cmに負担がかかるのですが、フォステクスを信じてローブーストバキバキです。
σ(^◇^;)
20180108_144053

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

ウインカーブザーの取り付け

「ホンダ純正 オーディブルCOMP」
( 品番:38401-187-701)

このアナログチックな音が好きです。

エストレヤに、スーパーカブ純正のウインカーブザーを取り付けました。
メーター右側にある銀色の丸いのです。
本体不良で余っていた、USB電源アダプターのステーにちょうどはまりました。
雨の日は乗りませんが、一応背面・配線はゴムボンドで防水処理をして取り付けました。
この写真の後、表面のダイアフラム以外は、全部ボンドで覆いました。(錆対策)

20171221_152531

この接着剤、接着後もカチコチにならないで柔軟性があり、結構重宝します。
25508129_1548489871893313_514208734

ウインカー+線左右からそれぞれダイオードをかまし、電気が逆流しないようにしてブザーに入力しています。
エーモンの既製品(リード線付きダイオード) を使うか、部品 から自分でリード線を半田付けで作るかです。
ウインカーの配線を途中で1.5cmほど剥いて折り返し、そこにギボシを取り付け分岐させ、ダイオードを経由してブザーに接続です。
左右それぞれ作業し、ダイオードの先で一本にして、それをブザーにつなぎます。

Nszdfnjsdz

【エストレヤでは未検証】
Wなどですと、ブザーの線を直接左右のウインカーに振り分けても動作可能な様です。
その場合点灯しない反対側が自動的にアースされているのだそうです。
ただし、ハザードではブザーは鳴りません。
もっともハザードはブザーは必要ないかも知れませんので、ダイオードは省略してもかまわないかも知れませんね。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#単気筒
#ウインカーブザー
#タコメーター
#FCR

| | コメント (0)

«寒冷時のFCRの始動性