2017年9月15日 (金)

アイドルアジャストスクリュー

ヤフオクで購入したFCR用アイドルアジャストスクリュー(ステンレス製)、非常に使い勝手が良いです。
ローレット加工部分もエッジが立っており、滑らずに指先でしっかりとつまんで回せます。
これなら信号待ちのアイドリング調整も簡単です。

ステンレス製 FCR アイドルスクリュー
ヤフーオークション出品者 sstrideon

Dscf4708

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

FCR-セッティング

スロージェット #40>#42>#45

メインジェット #100>#110>#115

ネットで見ている限り、スロージェットは#45で問題ないはず。
直キャブ状態でエアスクリューを回したら、あらら、1回転戻しでOKでした。
パイロットスクリューも1回転戻しでOKです。
それにしても純正エアクリ(エアクリーナーボックス)仕様では、ボックスとキャブをつなげるダクトが邪魔で、エアスクリューの調整が非常にやりづらいです。

メインジェットはフロートチャンバーのドレンプラグを外せばすぐに交換できるので、とりあえず#115 で様子見・・・

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

FCR 取り付け-3

Dscf4693

セッティングですが、スロージェット#40では、アイドリングせず・・・(泣)
メインジェットは下に影響しないと言いますが、ネットを見ているとスロー系にも若干影響しているような話をよく見かけます。
メインジェットを#110と絞ってあることが、多少なりとも影響しているのか?
とりあえずスロージェットの大きい番手の手持ちが無いので、#45・#48・#50を注文しておきました。
メインジェットは #100/#110/#112.5/#115/#117.5/#120/#122.5 が有ります。
しかし前の所有者、#100 なんて薄いジェットで、エンジンが焼き付かなかったのかな?

さて、現状はスロージェット#42でアイドリングし、なんとか走れるようにはなっています。
と言っても、エアスクリュー 2分の1戻し(混合比を濃くしている)、パイロットスクリュー 2と2分の1戻し(吐出量を多くしている)と言う、調整範囲ぎりぎりの苦肉のセッティングです。
注文したスロージェットがきたら、#45に交換して再調整です。
FCRのエアスクリューは、2分の1 戻し(混合比濃い) から 2と2分の1 戻し(混合比薄い) までの閒で調整、パイロットスクリューは、2分の1戻し(吐出少量) から 3と2分の1戻し(吐出多い) までの閒で調整と書いてありました。
パイロットスクリューは、アクセル低開度と言うよりも、ほぼアイドリング付近だけの調整なので、アクセル低開度域の調整ではパイロットスクリューは使わず、基本はスロージェットの選定とエアスクリューで調整らしいです。

アクセル開度2分の1以上の領域は、メインジェット#110では薄すぎて、吹け上がりが力が出ないです。(泣)
5速70キロくらいで、ノーマルキャブ並みの加速になってしまいます(泣)
しかもエンジンとマフラーがやけに熱いし。σ(^◇^;)
こんなので高速とか走ったら、焼き付いちゃうかも知れません。
やはり#115以上は必要な様です。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

FCR 取り付け-2

アクセルワイヤーの取り付けと調整に手間取りました。
引き側を緩めれば戻し側が詰まっちゃったりと、うまくやらないと、ホルダーにワイヤーをかけられませんでした。
初めての作業は頭が痛くなります。
あと、アクセルから来るワイヤー2本が保持されているキャブ側のホルダーですが、穴経が少し小さく(雌ねじになっています)、リーマやドリルで少し広げないと純正のアクセルワイヤーは入りません。
社外の物を使えば、そのまま使えるそうです。
私はハイスロにしたくなかったので、純正流用です。

Dscf4705

燃料チューブは(エストレヤ 250TR)は6mmですが、FCRは8mmです。
私は8mmを使い、タイラップで漏れ/脱落防止としています。
フィルターも8mm用の物を使いました。

Dscf4704

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

FCR 取り付け-1

負圧取り出し口のあるFCRを選択しました。
注意点ですが、エストレヤ・250TRの純正キャブの負圧取り出し口は4mmですが、FCRのニップルは3mmです。
今回は、(キャブ-三つ叉)&(三つ叉-NAG)間を3mm、(フューエルコック-三つ叉)間を4mmにしました。
いずれも負圧用シリコンチューブです。
ここは負圧用のチューブでないと、負圧でチューブが潰れたりします。

Dscf4685

ノーマルエアクリーナーボックスにデイトナのK&Nタイプのフィルターを取り付けてあります。
スポンジ式に比べ、相当吸入効率は良さそうです。

Dscf4706

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

メンテ中

BITO JB-POWER FCR33 中古です。
はい、新品なんて買えません(T-T)
ただいま机上でセッティング中です(笑)

Dscf4687

メンテで新品に手が届きそうですσ(^◇^;)
でもいじるのが楽しいです。
新品ではこの楽しさを味わえませんものね(^_-)-☆

浮動バルブとリップシールは新品購入しましたが、浮動バルブはそのまま使い、リップシールだけ交換しました。
加速ポンプはKX450の物(吐出量ノーマルの50%)に交換です。
メインジェットは110、スローは40にしました。

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

設定確認

出荷時
SJ - #38
MJ - #115
AS - 1回転半戻し
PS - 1回転戻し
MAJ - ?
JN - 90GTM
加速ポンプ隙間 - 0.6mm 0.75cc
ダイアフラム -

変更値
ノーマル エアクリーナーボックス
エキパイ - 38パイ社外
マフラー - 向こうが見える社外
AS - 調整
SJ - #40(デフォでは下が薄いらしいから)(結果#45)
MJ - #110 (ノーマルエアクリではこんなもんかな?)(結果#115)
PS - 1回転戻し
MAJ - いじらない
JN - いじらない
加速ポンプ隙間 - 0.65mm 0.73cc位?
ダイアフラム - KX450用 43028-0006
(吐出量ノーマルの50%位らしい>0.73×0.5=0.37cc位?)

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

銚子飯沼観音盆踊り大会

銚子の観音様 盆踊り大会

8月18日(金曜日)
夜7時開始 (雨天順延)

浴衣でご来場の方限定企画
豪華高額景品の当たる抽選会があります。

29


子供みこしを体験してみよう
参加してくれた君たちには、おかしをあげるよ!
夕方5時30分集合 (6時までには終了予定)

Ws000404

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

メインジェット変更

メインジェットを #138 > #135 に落としました。
理由は・・・

気温32度
湿度80%
1001hPa
メインジェット #138
いろは坂のような急な上り
2速でアクセル開度 90%-100%くらい
スピードは40-50km/h以下

全開にすると、がくんがくんと失火しているかのようになる。
これって、ボコ付いているって言うのでしょうか?
気圧が低いからしょうがないのかもしれませんが、開けすぎないように気をつければ良いだけ?
1015hPaくらいの時には絶好調だったのに・・・

ちなみに標高2,000mを「標高から気圧を計算」で計算したら、海水面が1013hPa・気温20度で 806hPa/2000m みたいですが、そんな低くなったらまともに走るのだろうか!? (((゚Д゚)))

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

ここにも山男

以前、アマチュア無線にのめり込んでいた時期に知り合った方、今は完全に山男(笑)

とても充実した良い休日を過ごしているようです。

denden's 山紀行

Ws000456

| | コメント (2)

«スプロケ変更