2017年12月 9日 (土)

エストレヤにタコメーター

今までは「こんな物かな?」って、耳だけで回転数を把握していました。
でも自分の感覚にも自信が持てないので、タコメーターを取り付ける事にしました。

アナログ(針)のタコメーターが良かったのですが、取り付けスペースの関係で、泣く泣くデジタル式の物にしました。
本当は時計付きのデイトナのメーターが欲しかったけれど・・・

で、選んだのがこれ。(縦40×横78×厚20mm)

「デイトナ AQUAPROVA HG REV METER」(HGデジタル 72815)
20171206_233715

時間が無くて必死にやっていたので、取り付け中の写真は無しですσ(^◇^;)
配線はスイッチオンで通電するメーター用ACC1本(茶線)と、時計用の常時電源2本(赤線・黒線)と、メーターからパルス用1本(白線)です。

時計用電源の赤黒線はバッテリー直結で、メーター用ACC電源はヒューズボックスのホーンの平型ヒューズから電源を取り出して(線が出るようにヒューズボックスを少し削る)、茶色線に接続。
赤黒茶3本の線を、メインハーネスに沿わせてタイラップで固定しながら、前まで引っ張ります。
タコメーター用のパルス取り出しは、平型端子でごく短くY型分岐を作り、コイルの黒線につなぎました。
コイルの赤線は12V通電、黒線がパルス線です。
メーター線とのコネクター接続は、タンク下のレギュレーターとコイルの前、フレーム下にまとめました。

タコメーターの設定は、「 1P1R 」です。
イメージ的に点火はクランク2回転で1回点火なので「1P2R」と思っちゃいますよね。
私も最初は「1P2R」で試走したら、エストレヤで15,000回転の世界を経験してしまいました(^0^)
考えてみれば点火回数じゃなくてクランクの回転数を拾うので、1P1Rですよね。
間違えると倍の回転数を表示しますから、楽しいっちゃ楽しいですが(笑)

車体への取り付けは・・・
取り付け面と固定部に角度の付いたステー「POSH ポッシュ テンプメーターステー TYPE1」 を使いました。
Gf454gfv


このように取り付けました。
本体の固定は軽量なので、メーター付属のマジックテープ十分です。
マジックテープの方が、振動吸収に役立つのかも知れませんね。
_dsf4845




そう、旭風防に共締めしておりますσ(^◇^;)
ネジは若干長めのにしてあります。
もちろん六角ボルトじゃなくて、プラスネジの物です(笑)
_dsf4844

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#タコメーター
#FCR

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

バイクのバッテリー充電器

バッテリーも2冬目になりました。
この時期は乗る間隔が長くなるのでちょっと心配。
なので、オプティメイト4Dual という充電器を取り寄せしてみました。

Ws000005

つないでみましたが、まだ全然大丈夫みたいで、とりあえず安心~♪

20171205_210647_2

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

ヘッドライトのバルブをLEDに

バイクのヘッドライトを、普通のハロゲンH4からLEDの物に交換しました。
たまたまですが、ハロゲンバルブもLEDチップも、どちらもフィリップスでした。
付属のシールでイエローにもしてみました。
結果、超満足です!

_dsf4841


走り始めは暗い気がしましたが、ハロゲンバルブが真ん中から周囲にかけて減光していくのに比べ、照射範囲はムラ無く均一に照らされている感じです。(レンズカットによる多少のムラは当然残りますが・・・)
したがって、慣れてきて感じたのが、路肩の視認性の良さで、こちらのLEDバルブのが良好に思えるという事です。
イエローカラーも最初は街の明かりや街灯のある所で光量が物足りなく感じましたが、明かりのないところでは白色よりも視認性が良く感じました。
畑の中の一本道では路肩と路面のでこぼこがよく見えて走りやすく、今までよりも10キロ以上ペースが速くなってしまい、意識して速度を落とさないと危なかったです。
ハイビームも良く飛んでいます。
LED、あなどっていました(^_^;

中華製でしょうかね?

_dsf4834

3,000ケルビンのイエローと、8,000ケルビンのブルーと、それぞれ2枚ずつのシールが入っていました。

_dsf4836

H4の台座を引き抜いて、防水キャップをはめ込んでからバルブを差し込みます。
バルブを台座から抜いて上下の向きが分からなくなったら、バルブ内にお椀型の遮光材がありますから、それが上を向くように取り付けます。
LEDの光がヘッドライト内で上側に照射され、それが反射して下方向を照らすからです。
うちのエストレヤを購入した時に、ヘッドライトはW650の物が付いていました。
レンズ径180mm、筐体直径(取り付けステー幅?)200mmです。

_dsf4838

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#LED

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

冬支度-旭風防

そろそろ風も冷たくなり、バイクも冬支度です。

足下はレッグシールドがけっこうな風除けとなっています。

去年も取り付けていたハンドルカバーを再装着しました。

_dsf485416781

それと、ウインドシールドを、旭風防の「 No99MINI 」 に交換しました。
そう、あの ” 垂れ幕 ” のついた物です。
クラシカルスタイルのネイキッドには、定番中の定番ですね(笑)

_dsf4802

これ、中心部の高さは今まで使っていた物と同じなのですが、垂れ幕の分だけ上に上げているので、風除け効果はさらに上がっていると思います。
横幅も結構広いですしね。
あとはこの垂れ幕がもうちょっと ” やれて ” くれるのを待つだけです。

_dsf4803

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#旭風防

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

FCR 加速ポンプキャンセラー

だんだんと寒くなり、気温が15度を下回ってくると、エンジン始動時のアクセルの煽り(FCRのチョーク代わりの加速ポンプ作動)も1回ではかからず、2回となりました。

Ws000306

ところでFCRの加速ポンプのダイアフラムは KX450用 ( 43028-0006
吐出量ノーマルの50%位) に交換してありますが、それでもやっぱり ド素人 にはセッティングが難しいです。

まー、妥協点で落ち着いてはいるものの、加速ポンプをキャンセルすると、下から上まである程度スムーズなのです。
でも加速ポンプを入れると、どこかで薄かったり濃かったりなんです。
レース用のキャブレターなので、当然、全帯域でスムーズって言うのを考慮して設計されているはずもなく、中間から全開狙いなんだろうなと、想像できます。

そこで加速ポンプを当分はキャンセルしてしまおうと思い、キャンセラーを取り付けました。
始動時には加速ポンプを使用するので(チョークが無いため)、取り付け・取り外しがワンタッチで簡単なものじゃないと面倒です。
と言うことで、装着しました・・・ダイソーのクリップ1個ですが。(30mm幅、10個で100円)
σ(^◇^;)
加速ポンプのプッシュロッドはダイアフラムを押しているだけなので、ロッドをグイッと持ち上げ、蛇腹ゴムを傷つけないようにクリップを挟めば、すぐに取り付け完了です。
クリップのバネもきついので、走行中に外れることは考えられません。
腐食でバネが弱くなったりしての脱落は、考えられますが・・・

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#加速ポンプ
#加速ポンプキャンセラー

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

SSD起動せず(>_<)

5年半使用した起動ドライブのSSDが壊れました。
マイドキュメントやデータはすべて別のHDD(5台入っています)に保存し、そのバックアップを3台のHDDに自動バックアップしてあるので心配はないですが、やっぱり再インストールは面倒ですね。

Dscf4755

SSDなのでもちろんですが、壊れかけのHDDの様な心臓に悪い、カキーンとかカリカリカリとかは無いです。(笑)
そのかわり、壊れる少し前から、勝手に再起動したりがありました。
今思えばそのとき、「CrystalDiskInfo」でチェックしておけば良かったですね、残念。

その後何となく動いたのでクリーンインストールしましたが、すぐに起動しなくなってしまいました。
で、新しいSSD(特に容量を必要としないので、120GBで十分です)を購入し、新たに入れ直しました。

Ws000310

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

オイル交換

久しぶりにオイル交換。
2,000km程度かな、前回から。

20171024_195547

内圧コントロールバルブを付けているので、若干早めの交換です。

20171024_194811

なんか喉がイガイガするなーと思ったら、換気扇が入っていなかった。
オイルの蒸気?かもしれません。
体に悪そう(×_×)

20171024_201521

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

46cm 3D スーパーウーハーのチャンデバ

38cmのスーパーウーハーを46cm化しましたが、置き場所は以前と同じ、足下です。
(*゚∀゚*)

Dscf4745

そしてクロスオーバーをどうやっているかというと、手持ちのこんなのを使っています。
ベリンガーの SUPER-X PRO CX3400 、ステレオ2way・ステレオ3way・モノラル4way 24db/octのチャンネルディバイダーです。
これ、ステレオ使用の時に、再低域のチャンネルをモノ化し、スーパーウーハー1個で使用できる機能が付いているんです。(3Dスーパーウーハー)
メインSPのチャンネルディバイダーは、写真でCX3400の下に見える、ヤフオク調達のメジャグラン製の800Hzの物です。

曲によって60Hzで切ったり、場合によっては300Hzくらいまでメインスピーカーに被せたりと、その時の気分で自由にセッティングできます。

20171022_000213

| | コメント (2)

2017年10月21日 (土)

46cm スーパーウーハー

ヤマハの46cm ユニットを使った スーパーウーハー、できました。

既存の38cm用のボックスの穴を拡張しただけです。
38cmが小さく見えますσ(^◇^;)
Dscf4743



もちろん、全く適切ではない収納方法ですね(笑)(^0^)
でもいいんです、適当でw
とは言え、ネジが馬鹿になると困るので、鬼目ナットを使っています。
Dscf4744

で、パソコンの下、こんなところに押し込んでいます。
あまり低音だけ音量を上げると、気持ち悪くなります(*゚∀゚*)
Dscf4745




| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

46cm 18inch

店舗のスーパーウーハーを、38cm から 46cm に変更しようと計画。

とりあえず仕入れてみました、ヤマハの 46cm です。

38cm を見慣れていても、やっぱり 46cm はでかいなー。

落とさないように真剣になり、顔が笑えませんでしたσ(^◇^;)

Dscf4741545fdsds52

| | コメント (0)

«FCR-セッティング 7