2017年11月10日 (金)

FCR 加速ポンプキャンセラー

だんだんと寒くなり、気温が15度を下回ってくると、エンジン始動時のアクセルの煽り(FCRのチョーク代わりの加速ポンプ作動)も1回ではかからず、2回となりました。

Ws000306

ところでFCRの加速ポンプのダイアフラムは KX450用 ( 43028-0006
吐出量ノーマルの50%位) に交換してありますが、それでもやっぱり ド素人 にはセッティングが難しいです。

まー、妥協点で落ち着いてはいるものの、加速ポンプをキャンセルすると、下から上まである程度スムーズなのです。
でも加速ポンプを入れると、どこかで薄かったり濃かったりなんです。
レース用のキャブレターなので、当然、全帯域でスムーズって言うのを考慮して設計されているはずもなく、中間から全開狙いなんだろうなと、想像できます。

そこで加速ポンプを当分はキャンセルしてしまおうと思い、キャンセラーを取り付けました。
始動時には加速ポンプを使用するので(チョークが無いため)、取り付け・取り外しがワンタッチで簡単なものじゃないと面倒です。
と言うことで、装着しました・・・ダイソーのクリップ1個ですが。(30mm幅、10個で100円)
σ(^◇^;)
加速ポンプのプッシュロッドはダイアフラムを押しているだけなので、ロッドをグイッと持ち上げ、蛇腹ゴムを傷つけないようにクリップを挟めば、すぐに取り付け完了です。
クリップのバネもきついので、走行中に外れることは考えられません。
腐食でバネが弱くなったりしての脱落は、考えられますが・・・

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33
#加速ポンプ
#加速ポンプキャンセラー

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

SSD起動せず(>_<)

5年半使用した起動ドライブのSSDが壊れました。
マイドキュメントやデータはすべて別のHDD(5台入っています)に保存し、そのバックアップを3台のHDDに自動バックアップしてあるので心配はないですが、やっぱり再インストールは面倒ですね。

Dscf4755

SSDなのでもちろんですが、壊れかけのHDDの様な心臓に悪い、カキーンとかカリカリカリとかは無いです。(笑)
そのかわり、壊れる少し前から、勝手に再起動したりがありました。
今思えばそのとき、「CrystalDiskInfo」でチェックしておけば良かったですね、残念。

その後何となく動いたのでクリーンインストールしましたが、すぐに起動しなくなってしまいました。
で、新しいSSD(特に容量を必要としないので、120GBで十分です)を購入し、新たに入れ直しました。

Ws000310

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

オイル交換

久しぶりにオイル交換。
2,000km程度かな、前回から。

20171024_195547

内圧コントロールバルブを付けているので、若干早めの交換です。

20171024_194811

なんか喉がイガイガするなーと思ったら、換気扇が入っていなかった。
オイルの蒸気?かもしれません。
体に悪そう(×_×)

20171024_201521

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

46cm 3D スーパーウーハーのチャンデバ

38cmのスーパーウーハーを46cm化しましたが、置き場所は以前と同じ、足下です。
(*゚∀゚*)

Dscf4745

そしてクロスオーバーをどうやっているかというと、手持ちのこんなのを使っています。
ベリンガーの SUPER-X PRO CX3400 、ステレオ2way・ステレオ3way・モノラル4way 24db/octのチャンネルディバイダーです。
これ、ステレオ使用の時に、再低域のチャンネルをモノ化し、スーパーウーハー1個で使用できる機能が付いているんです。(3Dスーパーウーハー)
メインSPのチャンネルディバイダーは、写真でCX3400の下に見える、ヤフオク調達のメジャグラン製の800Hzの物です。

曲によって60Hzで切ったり、場合によっては300Hzくらいまでメインスピーカーに被せたりと、その時の気分で自由にセッティングできます。

20171022_000213

| | コメント (2)

2017年10月21日 (土)

46cm スーパーウーハー

ヤマハの46cm ユニットを使った スーパーウーハー、できました。

既存の38cm用のボックスの穴を拡張しただけです。
38cmが小さく見えますσ(^◇^;)
Dscf4743



もちろん、全く適切ではない収納方法ですね(笑)(^0^)
でもいいんです、適当でw
とは言え、ネジが馬鹿になると困るので、鬼目ナットを使っています。
Dscf4744

で、パソコンの下、こんなところに押し込んでいます。
あまり低音だけ音量を上げると、気持ち悪くなります(*゚∀゚*)
Dscf4745




| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

46cm 18inch

店舗のスーパーウーハーを、38cm から 46cm に変更しようと計画。

とりあえず仕入れてみました、ヤマハの 46cm です。

38cm を見慣れていても、やっぱり 46cm はでかいなー。

落とさないように真剣になり、顔が笑えませんでしたσ(^◇^;)

Dscf4741545fdsds52

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

FCR-セッティング 7

マフラーを換えたので、セッティングの修正です。
主にジェットニードルでの調整です。

*初期値 90GTM から 90ETN へ
テーパーを G>E へと2段薄く、ストレート径を M>N へと1段太く(薄く)して、クリップは一番薄い1段目。
しかし、これでは中間で盛大に息つきが・・・(×_×)
そこでクリップを2段に戻しましたが、息つきはあまり収まらず。(泣)
* 90ETN > 90FTN へと、テーパーを一つ上(濃い) に換、クリップを1段目で試走。
それでもまだ中間の息つきが少し残ったので、今度はクリップを2段目(濃くする)にしてほぼ解決。(^_^)
3分の2まではこれで良し。
ここで思ったのは、テーパーの変更って、けっこう変化が大きいんだなってこと(@_@)

Dscf4738

さて、まだ4分の3以上のメインジェット領域で息つきが(;゚ロ゚)
これでどうだと、メインジェットを #110 から #115 に変更しました。
ここで夕食の声がかかったので力尽き、試走は後日です。
たぶん、クリップを2>1段へと上げる事になると思うが・・・

現状8分の1以下が #45 で若干濃いのですが、当初 #42 でエアスクリュー2分の1戻し、パイロットスクリュー3回転戻しくらいで安定したのでそれでも良いと思うのですが、多少濃い方がアイドリングも安定するので、このままにします。
薄いとアフターバーンを起こしやすいしね。

あと、インテークのアダプター口径の違いでも、かぶり・息つきに影響したみたい。
セッティングは難しいなー・・・

純正エアクリーナーボックス仕様、フィルターはデイトナの K&N の様なもの。
5000kmまでノーメンテで使用できる。

Dscf4706

エキパイは社外品の38mmステンレス。
純正エキパイの中身は3重構造で、内径の実質は30mmもないそうです。
騒音対策・断熱かも知れませんね。
マフラーはPoshfaith(ポッシュ)のトライアンフタイプのJMCA対応品です。
深夜でも冷間始動できる音量です。(さみしいですが・・・)

Dscf4729

スロージェット
#40>#42>#45

メインジェット
#100>#110>#115>#110>#115

ジェットニードル
90GTM : 2段>1段
90ETN : 2段>1段
90FTN2段

エアスクリュー
1回転戻し

パイロットスクリュー
1-1/8回転戻し

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

エアクリアダプターを交換

とりつけた FCR33 を純正エアクリーナーボックス仕様にした理由ですが、屋外に置いておく時間が多いので、特に降雨時にキャブへの水の浸入を心配しての事です。

今までは、中古購入時に付属してきたアダプターを純正エアクリーナーボックス用だと思い、取り付け径が若干合わなかったのを、ホースバンドで無理矢理締め付けていました。
ところがネットで見ていたら、純正エアクリーナーボックスを使用していても、ノーマルのスプリングバンドを使っている方がいたので「???」って思っていました。

そこで思い切って取り寄せてみたら、やはりエアクリ側の口径が違いました。

Dscf4733


Dscf4731

早速交換し、スプリングバンドで留める事ができました。(^_^)

Dscf4736

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

FCR-セッティング 6

デイトナのJMCA改マフラー(ほぼ直管)ですが、FCRにしたらうるさくなってしまったので、手持ちのポッシュフェイス(poshfaith)のトライアンフタイプのJMCAマフラーに交換です。

Dscf4729


直管から隔壁タイプになったので、ジェットニードルのクリップの段数を、1段上げます。(薄くする)

スロージェット
#40>#42>#45

メインジェット
#100>#110>#115>#110

ジェットニードル
90GTM : 2段>1段 >> 90ETN : 2段>1段

エアスクリュー
4分の3回転戻し

パイロットスクリュー
1回転戻し

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

FCR-セッティング 5

ニードルの段数を2段から1段にしたが、まだ4分の1 から 4分の3 にかけて濃いので、ジェットニードルを初期値 90GTM から 90ETN へ変更。
ノーマルエアクリーナー仕様だと、意外と薄い方向へもっていかないと駄目な様です。

今回は2本調達しました。
左:90FTN:テーパー1段薄い/切り上がり同じ/ストレート経1段薄い
右:90ETN:テーパー2段薄い/切り上がり同じ/ストレート経1段薄い
Dscf4724

テーパー(4分の1から4分の3に影響)を、2段階薄めに変更。(G>E)

クリップ段数(切り上がりも同じ効果、4分の1から2分の1に影響)が一番上なので、段数の自由度を持たせるために切り上がりを変えようと思ったが、探しても希望の物がないので諦める。(T>T)

90GTMではスロージェット#42で薄すぎたので#45にしてあるが、気持ち濃い気がするので、ストレート径(4分の1以下に影響)を一段薄くした。(M>N)
上を薄くしてあるので、クリップは2段に戻してみる。

もちろん影響範囲はスパッと切り替わるのではなく、全てがなだらかに交差して影響し合っているから、セッティングがややこしくなる。

スロージェット : #40>#42>#45
メインジェット : #100>#110>#115>#110
ジェットニードル90GTM : 2段>1段(一番上、薄い) 90ETN 2段
エアスクリュー : 4分の3回転戻し
パイロットスクリュー : 1回転戻し

#エストレヤRS
#エストレヤ
#エストレア
#estrella
#250TR
#FCR
#FCR33

| | コメント (0)

«FCR-セッティング 4