2016年12月10日 (土)

DIY内圧コントロールバルブの注意点

内圧コントロールバルブのメリット、デメリットですが・・・

■始動時に軽くかかる様になりました。
■加速時に(今までに比べて)軽やかに加速していきます。加速時のドッドッドッ感が穏やかになり、スムーズです。
■レヴリミットまでの中間の振動が強い回転域で、振動が軽減されている。
■エンブレが急にかからないので、すーっと惰性走行しやすい。ギヤには優しいかも。
■惰性がスムースなので、燃費を稼げるかも?(^_^;
■エスト/TRエンジンよりも、ストロークの短いバイクに乗っている感じですね。

個人的には成功と思っています。
あとは、メンテナンスのインターバルがどのくらいか、です。
注意点は、
■ワンウエイバルブに付着したオイルの乳化により、バルブが凍ったり動きづらくなったりする場合があるので、効果のほどを体感で覚えておき、効果が薄れたらすぐに清掃しなければならない。バルブが固着するとクランクケース内の圧力が高まり危険。(ガスケットが飛ぶ等)
■エンジンブレーキが弱くなるので、ブレーキタイミングと、急な下り坂に注意。
■クランクケースが負圧になるので、ブローバイガス(ピストンとシリンダーのすき間からクランクケースに漏れる燃焼ガス(排気ガス))が増えるので、通常よりもオイルの劣化が早まるそうなので、交換を早めに考える。
■ネットでも情報が少ないので、常にエンジンの状態に気をつけること。

完全に自己責任です!

--------------------------
--------------------------

乳化に関して、本家NAG S.E.D.のHPに、乳化現象に関する取り扱い注意点が書いてありました。
4輪車ほどは乳化しないようですが、気をつけないと。
ある程度のメンテフリーを希望するなら、上記NAGのS.E.D.を検討した方が良いでしょうね。

■十分に暖気をする事。エンジンが暖まる前にオフするような、短時間乗車は避ける。
■エンジンを停止する時はすぐに切らないで、10秒ほどアイドリング状態を保ってからオフにする。これは発生した水蒸気が処理される時間を作るって言う事らしいです。

とはいえ、DIYバルブではNAG製のように負圧による吸引構造がないので、どこまで有効かは分かりませんが・・・

http://nag-sed.com/product/emulsion2.html

#エストレヤRS

#estrella

#250TR

#内圧コントロールバルブ

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

内圧コントロールバルブ

内圧コントロールバルブの取り付けです。
エアクリーナーへの挿入はAIバルブを撤去した後のゴムブッシュをそのまま使いました。
Dscf4062

なんとか大気開放せずに出来ないものかと考えて、いくつか曲がりのきついブローバイホースを物色してみました。
(なかなか内径14mmの耐油ホースって無いんですよね。)
その中から「カワサキ純正 チューブ ブリーザ(92191-1379)」(14mm)と、クネクネとうねっている「UA06J ヤマハGEAR用 ブローバイホース」(10mm)を選択しました。
Ws000405

ホースをカットしながら、なんとか折れない様にスムーズに取り回せました。
エアクリーナー側の穴は、そこらにあったサイズがぴったりの椅子のゴム脚?を適当にカットしてはめ込んであります。
今気がつきましたが、バンドで留めて無かったりして。
σ(^◇^;)
Dscf4069_02

シリコンスプレーを吹いて滑りやすくしてから差し込みました。 けっこうきつめだし、エアクリ内は極端な負圧ではないので、ホコリや水の浸入は大丈夫かと思います。 気休めかも知れませんが、エアクリブッシュの前に他のブッシュを抱き合わせて保護しました。
これでメンテ時もすぐに取り外せます。(^_^)
この後、ホースはAIバルブのステーに、タイラップで軽く固定しておきました。
Dscf4067

#エストレヤRS

#estrella

#250TR

#内圧コントロールバルブ

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

エストレヤにUSB電源を-2

と言う事で、先日取り付けたは良いが、初期不良だったUSB電源、販売者から代替品が送られてきたので再度取り付け作業をしました。
安易にハンドルブレースに取り付けました。w
電源直結なので、スイッチを切り忘れない様にしないとバッテリーが上がっちゃいます(笑)
20161203_191840

中華製ですが、一応 IC で急速充電をコントロールしているようです。
この写真は故障品を開けてみたものです。
20161203_200930


あとは耐久性ですね。

#エストレヤRS
#estrella
#250TR
.

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

バルブクリアランスの調整

USB電源を取るのにガスタンクを下ろしたので、ついでにバルブクリアランスを調整しました。
30数年前、ホンダの50ccを88ccにボアアップしたとき以来のバルクリ調整です(笑)

(キャップのOリングは交換しました。)
Dscf4056


シャフトを回すとシュコーと言う吸気音が響きます。
その直後に写真の様にTマークに合わせれば、圧縮上死点ですよね???
でもこの作業、圧縮圧力がかかっているので、ちょっと回しすぎるとスコンと行き過ぎちゃいます。(プラグを抜いておけばいいのかな?)

20161201_201151


調べてみると・・・
( )内は規定値です。

in側 0.17mm (0.1-0.15)
0.15mmに調整しました。

out側 0.20mm (0.17-0.22)
こちらはいじらずに、そのままにしました

1万キロでは、それほど大きく狂ってはいませんでした。
ネット情報では、最大値で調整した方が調子がよいようですね。

今回はこんなものでOKです。
次の調整は2万キロかな。

でもって肝心のUSB電源ですが、
製品が初期不良で通電せず・・・
また後でやり直さないとなりません。
はぁ~・・・(×_×)

#エストレヤRS
#estrella
#250TR
.

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

カムチェーンテンショナー

この記事は、修理効果を保証するものではありません。
あくまでも「ど素人によるこんなもんかな?的な作業」です。
まねされて生命が失われる・危険にさらされる等の事故・事態になっても、完全に自己責任であり、当方は一切の責任を負いかねますのでご了承願います。

先日書いた、カムチェーンテンショナーの不具合・・・( 。-_-。)
_dsf3964_002

もう軽く当たって傷が付いていました。
ひどく削れていなくて良かったです。
_dsf3965


修理は、ネット情報で対処しました。
※完治修理でなく、あくまでも対処療法だから(笑)
厳密に言えばタイミングもわずかながら狂っていると思いますが、実用上無視しうる範囲だと思う。
そう、「と、思う・・・」だけれど。(爆)σ(^◇^;)
ステーで反対側のチェーンガイドを引っ張ってやるだけ。

金具はエーモンの「ステンレス金具 S612」と言うものです。
穴経が7mmでそのまま使えます。
テンショナーと干渉する部分は、ディスクグラインダーで削り落としました。
20161122_170035

取り付けるとこうなります
_dsf3971

軽く引っ張って、これだけの隙間を確保しました。
もう少し引っ張れると思うのですが、何万キロ保つのやらσ(^◇^;)
_dsf3972



#エストレヤ # 250TR #カムチェーンテンショナー

#エストレヤRS
#estrella
#250TR
.

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

エストレヤ、AIキャンセルと
カムチェーンテンショナーのトラブル

(2003エストレヤRS)

AIキャンセルの作業自体は、ネットに情報が一杯あるので、そちらを参考に。(^_^;
書くほどの作業ではないしね。
あと、バキュームホースの三つ叉(T型)ジョイントをストレートに置き換えるのですが、そこは外した[AIバルブ-三つ叉ジョイント]間のホースを使い、ストレートジョイントは使いませんでした。AIバルブを取り外した後の穴のフタは、ELPAの19mmがぴったりです。
(なんか怪しいパーツも紛れ込んでいますがσ(^◇^;))
20161117_120818

さて、AIキャンセルのついでに、ヘッドカバーをおそるおそる開けてみたら・・・

ガーン(((゚Д゚)))

旧型エンジンに付きものの、カムチェーンテンショナーのトラブル!
なんと1万キロで始まっていました!
と言っても、まだ削ると言うよりはちょっと当たっているだけですが。
それでもショック( 。-_-。)
これからネットで見つけた情報を元に、対処療法を行います。
_dsf3964

_dsf3965_2

Ps.内圧コントロールバルブ、どうしようかな・・・(*゚∀゚*)

#エストレヤRS
#estrella
#250TR
.

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

長九郎稲荷、廃社となる

長九郎稲荷は
諸般の事情により廃社
となりました。

最近、お魚さんの鳥居でなにかと話題の、銚子の長九郎稲荷です。

犬吠埼の南、外川港と長崎町の間です。
車を駐めるスペースは有りますが、私有地だと思いますので、わがもの顔で迷惑になるような事はしないでくださいね

_00

吠埼の南、外川港と長崎町の間です。
車を駐めるスペースは有りますが、私有地だと思いますので、わがもの顔で迷惑になるような事はしないでくださいね

_01

上がりきると、何やら変な足跡のある黄金色の鳥居が・・・(笑)
その奥に立派なサンマとイワシの鳥居がドーンと建っています!
下からはウナギが昇ってきているし・・・(笑)
お参りしようとしたら、鳥居以外の施設は全て建物の中・・・(爆)

_02

お約束の由来です。

_03

展望パノラマです。
右は外川港の端で、左が長崎鼻の長崎の灯台です。

_04

正式名称は「長崎鼻一ノ島照射燈」と言うようです。
実はこの灯台と犬吠埼灯台は切っても切れない縁でして、犬吠埼灯台の霧笛を鳴らす基準が、犬吠埼からこの灯台が見えなくなるかどうかだったのです。
灯台職員の方が目視で確認できなくなると、犬吠埼灯台付属の霧笛舎から、霧笛を鳴らしたのです。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

インチ・ミリの垣根を越えたかも?

送料込み390円で結構まともに使えて、重宝しています。

インチ・ミリの垣根を越えたかも?(笑)(^0^)

NIC ニックレンチ(モンキーレンチ+メガネレンチの構造)

Amazon > http://amzn.to/2gtPSkq (アフィリエイトじゃないです(^_-)-☆)

Ws000438

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

エストレヤ またマフラー交換 σ(^◇^;)

いったんはデイトナのマフラーで落ち着いた様にみえたエストレヤですが、やはり直管はうるさいです。
いえね、私的には全然良い音なのですが、世間一般的には、少しうるさいと思うのですよ。
もちろん、そこらを走っているハーレーやレーサーレプリカなどに比べたら、ぜんぜんまし(音が小さい)なんですがね。
でも夜間に始動・走行が多いので、ちょっと近所に気を遣ってしまいます。

と言う事で、JMCAのトライアンフタイプのマフラーに交換です!(数週間前に交換済みでしたがσ(^◇^;))
あ、もちろん別の品物ですよ!

こんどはPOSH FAITH(いわゆるポッシュです)のステンレスマフラーです。
今度こそはうるさくないマフラー!・・・のはずσ(^◇^;)
デイトナのJMCAプレートは表側にありましたが、ポッシュの方は、エンドパイプの裏側になり、のぞき込まないと見えません。
エンドパイプは若干短くなりますが、径は少し太くなっています。

_dsf3892


エキパイをステンレスの物に交換してあるせいか、小さすぎない音量です。
とは言えストレート構造ではないので適度に押さえられており、夜間でもOKですね。
ただチョーク使用での始動時は回転が上がりますので、多少音が大きいのはどうしようもありません。
ステンレスなので、あまり錆の心配をしないで済むのもよいですね(^_^)

_dsf3926

#エストレヤRS
#estrella
#250TR
.

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

エストレヤ、シーソーペダル再び(^_^;

(結局 元のYBR125Gのペダルに戻しました・・・σ(^◇^;))

以前 YBR125G 用のシーソーペダルに交換してあるエストレヤです。

_dsf3692

お蔵入りになった GN125 用のペダルももったいないので、スプライン部分をエストレヤのペダルの物とスワップしてしまおうと計画しました。

近場で小回りの利く鉄工所を知らないので、小物溶接に応じてくれそうな鉄工所をググって、株式会社アライブテック と言う会社にたどり着きました。
メールで相談した所、1点から小物溶接、メッキまでやってくれるとの事。
と言う事で、スプラインのスワップと、再メッキをお願いしました。

48544jugtftg

再メッキをした事もあり、できあがりは全く純正同等の仕上がりです。

さっそく装着した所、シフトアップ時に下に回り込んでいるアームがサイドスタンドに干渉・・・( 。-_-。)
色々と考えた末、スタンドの根本にステンレス金具をちょこっとはさむ事にしました。
(フレーム側にゴム足を付けて、少し浮かす事も考えましたが・・・)
ステンレス金具を一部二重に折り曲げ、それを適量はさみました。
固定はタイラップを数本使いましたが、タイラップは相当な耐候性があるので、当分は大丈夫だと思います。
ただバンク角煮どう影響するかって言うのがあるのですが、たぶん私の走りには関係ない速度領域だと思いますから、無視しますσ(^◇^;)

_dsf3920

若干前下がりになりましたが、前側は踏むだけになるので、問題ないです。
実際の操作性も不具合はありません。
後ろ側が干渉しなければ、スプラインあと1本分前上がりにしたいのですが、それは無理なので諦めます。
サイドスタンドを撤去してしまえば問題ないのですが、そうもいかないですよね。(×_×)
あとは踵側がちょっと低かったので、適当な物をスペーサーとして接着し、耐久性のあるゴム(アクセルグリップですが(笑))で覆ってあります。

_dsf3924


見た目もそんなに悪くないかな?

_dsf3923

#エストレヤRS
#estrella
#250TR
.

| | コメント (0)

«エストレヤに時計を